反転マスタリー講座®、ライブネット教室®は、弊社の登録商標です。

多数お申し込みをいただき、ライブネット授業が自宅で受講できるAプランは満席となりした。
引き続き、一教場1IDのライブネット授業+受講生全員が利用できる学習サイトのBプラン、募集中です。
ライブネット授業は教場による一斉授業(通塾型)、学習サイトは生徒全員がパソコン、タブレット、スマートフォンで受講が可能です。

  • HOME
  • >
  • 教材一覧

反転マスタリー講座 学習法

 

 

① 予習動画で学習(授業前)

学習の要点をあらかじめ動画で学習します。その後、簡単な問題を解いて基礎を固めます。
基礎力は、実際に問題を解くために最も重要な部分です。しかし、この理解には個人差があり、授業の限られた時間内では覚えることができず理解できないまま進んでしまい、授業時間が無駄になるということも少なくありません。
しかし、吉田jrでは予習動画で学習するので、授業当日までに何度でも見返すことができ、確実に基本を理解することができます。さらに基本の問題に取り組み、基礎をより定着させることができます。
 

POINT
予習動画で、「考える」ために必要な基礎知識を整理・復習できるので、授業でわからない言葉が多く楽しくないということがありません。

  

 

② 予習テスト(授業前)

予習動画で学習した後は、Webテストで、どのくらい自分に基礎力が定着しているかを確認します。先生は、この予習テストの結果を参考に授業を行います。 
 

POINT
一斉授業では、授業のレベルに自分が合うか・合わないかで学習効果が大きく異なります。この基礎力テストは生徒の学力分析を毎回行い、最適なレベルで授業を行うために必要不可欠です。

  

 

③ ライブネット授業(生徒参加型)

アクティブ・ラーニングの授業は、考える力を養成することを目的としています。授業では、予習動画で確認した基礎知識を応用する方法を学習します。
 

POINT
文部科学省が推奨するアクティブ・ラーニングは、生徒の発言や能動的態度を引き出すためには、先生の力量が問われます。弊社はアクティブ・ラーニングを追求したベテラン講師が授業を行います。

 

 

④ 復習テスト(授業後)

授業を受けて知識を定着させる上で、最も重要なのは復習です。
授業を受けて“わかったつもり”になっていても、知識は時間とともに忘れてしまいます。せっかく時間をかけて授業を受けたことが無駄になってしまいます。授業で学習したこと、間違ったことを意識しながら、反復演習をこなすことで知識を定着させます。
 

POINT
個人のテスト結果から学習特性を蓄積・保存しているので、弱点分野の克服に効果を発揮します。できない箇所のみを抽出し、復習することが弱点克服の近道です。 

 

反転マスタリー学習のメリット

 
授業の前に既に予習動画で学習しているので、当日の学習内容の基本、要点を押さえることができます。
 
確認テストの結果により、先生は生徒がどの程度理解できているか、どの部分につまずいているか把握した上で授業に臨みます。
 
授業当日は、ある程度基本部分は学習しているので、生徒同士のディスカッションを中心としたアクティブ・ラーニングを行います。
 
さらに、確認テスト、演習プリントで授業の理解度の把握、弱点分野の発見、演習量の追加ができます。