反転マスタリー講座®、ライブネット教室®は、弊社の登録商標です。

多数お申し込みをいただき、ライブネット授業が自宅で受講できるAプランは満席となりした。
引き続き、一教場1IDのライブネット授業+受講生全員が利用できる学習サイトのBプラン、募集中です。
ライブネット授業は教場による一斉授業(通塾型)、学習サイトは生徒全員がパソコン、タブレット、スマートフォンで受講が可能です。

学習指導に関して

 
吉田jrは基礎学力の向上と知識の応用を強化するために教材を作成しています。そのため、定期テストの範囲や地元の高校入試に関する質問等は対応していません。
 
定期テストの出題範囲や出題傾向は学校や担当教員によって異なるため、各定期テストや高校入試の対策は地元の実情を熟知している貴塾で行ってください。
 
また、保護者への対応は、家庭事情や地域特性が把握できないため、弊社は一切行うことはありません。貴塾で各生徒や保護者の特性を把握し、責任をもって対応してください。
 
中学生は高校進学の大切な時期ですので、丁寧な学習指導をお願いします。

吉田jr 教材一覧

1.ライブネット授業 参加用1ID1教場に対して)
2.ライブネット授業録画学習
3.Webテスト
4.印刷教材(ライブネット授業用テキスト、演習プリント) 

ライブネット授業 学習環境について

各教場に生徒が来校し、全員でライブネット授業をリアルタイムで受講します。 
 

教室に関して

生徒全員で集まってライブネット授業に参加するため、全員が視聴できるよう音量・画面の調整を行い、生徒が快く授業に出席できる教室を確保されることをお勧めします。 
 

ライブネット教室の通信環境

配信動画の容量やアクセス数に影響されない通信環境が必要です。インターネット回線が不安定な場合は、当日の授業が受けられない場合がありますので、回線事業者への相談をお勧めします。 
 

授業当日、開始までに 

月曜日と金曜日は、弊社からライブネット授業を配信します。開場は、各授業とも開始5分前から可能です。
教場の責任者の方は、授業分前には、生徒全員が席に着くよう指示してください。
モニターの解像度により、ホワイトボードとチャット画面が重なり、チャット画面が見えなくなる場合は、ホワイトボードをドラッグして配置を変更してください。 
 

授業の受け方

生徒にライブネット授業用テキストと指定教材の持参を周知してください。
授業の途中は、チャットやマイクでの質問ができます。マイクに関しては、弊社の推奨するシステム以外では、ハウリングを生じるため、音声による質問はお控えください。
チャットは、全国に公開されますので、個人情報の書き込みは禁止しています。
 

授業中の質問に対して

すべての生徒からの質問は授業内で回答できない場合があります。授業終了後、1時間は、質問専用メールで受け付け、回答は、各学年の学習サイトに掲示します。
生徒の個人情報保護の観点から、弊社への直接の質問は受け付けていません。教室の先生を通じてご質問ください。 
 

授業が途中で見えなくなった

インターネット回線の状況のよっては、回線遮断や映像・音声の遅延を生じる場合があります。この場合は、パソコン・ルーターの再起動を行い、再度、ライブネット教室に入室ください。
頻回に回線遮断がある場合は、回線事業者にご相談ください。 
 

授業録画について

授業の内容がすべて授業録画で学習できるわけではありません。一部、個別の質問への回答、知っていて得する解き方や個人情報などは、肖像権・著作権を考慮し編集時にカットした後に配信します。  
 

生徒の欠席に関して 

講義の欠席連絡の必要はありません。 
 

授業の休講・日程変更

授業の休講・日程変更は、ライブネット教室のお知らせ掲示板をご覧ください。
原則として、授業日程通り進行しますが、回線障害、緊急サーバーメンテナンスなどで休講となる場合があります。この場合は、後日、オンデマンド配信での学習となります。

ライブネット授業 学習指導

 
反転マスタリー講座の学習法

 
吉田jrの学習は、ライブネット授業と学習サイトのシステムで学習します。
 
各教材の学習効率を最大限に引き出すため、約10年間の実証研究(コホート調査)を経て、学習プログラムを編成しています。そのため、学習順序を守って、生徒を指導してください。
 

1週間の流れ

 
①予習動画(公式や定義を解説しています。)
 
②確認テスト(①の範囲の基礎力を確認しています。)
 
③ライブネット授業(知識の応用を目的としたアクティブ・ラーニングです。)
 
④演習プリント(③の範囲を習熟度を確認します。)
 
⑤復習テスト(①~④の学習効果を最終確認することが目的です。)

ライブネット授業 学習法の指導

①予習動画

ライブネット授業専用テキストの要点を解説しています。授業を受講するための最低限の知識を習得します。この予習動画で知識の確認・整理をすることでライブネット授業の理解度が著しく増すため、予習動画を視聴するように生徒を指導してください。
 

②確認テスト

ライブネット授業専用テキストの確認問題をテストに搭載しています。ライブネット授業のレベルを決定するためのテストです。これにより、一斉授業でも生徒の学力レベルを意識した授業が展開できます。授業前日までに受験するようにご指導をお願いします。
 

③ライブネット授業

知識の習得ではなく、知識の応用を目標としているため、少し難易度の高い問題を解きます。授業の大半は問題提起、解決策を考えることに時間費やします。時には、教室の意見を求めることや、討論が全国規模に発展することもあります。
 

④演習プリント

ライブネット授業で習得した知識の応用を確実にするため、紙面の問題演習を行います。
忘却曲線を考慮すると授業後24時間以内に取り組むと、より効果が増します。
 

⑤復習テスト

学習項目の総まとめです。合格点に到達しない場合は、①に戻って再度復習するようご指導ください。
欧米では、完全習得型教育が低学力層対策の主流になっています。
 

学習サイト(授業録画、Webテスト) 学習指導

 

学習サイトの学習法

 
弊社の学習マニュアルを受講生にご配布ください。
 
パソコン・スマートフォン・タブレットに対応していますが、一部の機能制限のついたスマートフォンでは学習できません。
 
個人の成績や学習状況を蓄積・保管しているサイトにアクセスします。個人情報(ユーザID・パスワード)の管理には、注意してください。

録画配信・Webテストは、学習サイトの中で学習できます。
授業を欠席した、聞きのがした、ちょっとわかりにくかった等はオンデマンド配信で学習できます。自宅など学習しやすい場所でいつでも簡単に学習できます。
 

授業録画配信

ライブネット授業の録画の配信は3営業日までにアップロードします。授業内容の質問等の解答は、録画ではカットしています。 
 

授業録画の学習期間

各学年の年度末まで視聴は何度でも可能です。受講学年のみ学習でき、他の学年の授業録画は学習できません。年度途中の入塾生は学年の最初から学習することが可能です。
 

学習機器

録画は早送り・一時停止・巻き戻しが可能です。パソコン・スマートフォン・タブレットに対応していますが、一部の機能制限のあるスマートフォンでは再生できません。 
 

インターネット回線

授業録画はVOD配信方式を採用しています。学習端末にダウンロード・保存はできない仕組みになっています。
インターネット回線を利用して学習します。そのため、Wi-Fi環境下でご利用っください。

IDの使用に関して 

ID、パスワードの使いまわしは固くお断りしています。成績や成績の向上を把握するLMS分析が正確さに欠ける結果となりますので、ご理解ください。
 
中途退会のID、パスワードは、申し出いただいた当月末日までご利用いただけます。
 
個人の成績や学習状況を蓄積・保管しているサイトにアクセスします。個人情報(ユーザID・パスワード)の管理には、注意してください。

成績管理を元にした学習指導

 
生徒の成績(所要時間・アクセス日時・点数・解答など)を確認できます。
 
この成績表を利用して、個人面談などの基礎資料を作成できます。
 
なお、成績表は最長3年間蓄積・保管しています。

印刷教材に関して 

生徒の人数分を各学習塾にお送りいたしますので、生徒の皆さんにご配付ください。
 
ライブネット授業用テキストは、授業前に予習に焦点をおいて編集しています。授業は知識の応用に焦点を当てます。そのため、予習をするようにご指導ください。
 
演習プリントは、ライブネット授業の知識の定着を目的としています。完全習得を目指して、演習をしてください。
 
授業の進度を考慮し、印刷教材を臨時で発行する場合があります。この場合は、予告なく発送しますので、ご配付をお願いします。 

次年度の学習計画に関して 

学習計画について

毎年、翌年の学習プログラムは、12月下旬頃に発表いたします。