反転マスタリー講座®、ライブネット教室®は、弊社の登録商標です。

多数お申し込みをいただき、ライブネット授業が自宅で受講できるAプランは満席となりした。
引き続き、一教場1IDのライブネット授業+受講生全員が利用できる学習サイトのBプラン、募集中です。
ライブネット授業は教場による一斉授業(通塾型)、学習サイトは生徒全員がパソコン、タブレット、スマートフォンで受講が可能です。

アクティブ・ラーニング

 アクティブ・ラーニングとは、能動的学習と言われ、2020年の教育大改革の目的ともなっています。
 
従来の学習は、知識の習得を目的とした受動的な指導でした。教壇の上に立つ先生が知識を生徒に伝え、生徒はそれをひたすら暗記する学習で、テストなどの評価も知識量に比例していました。
 
つまり、この方法では過去に経験した事象と同一な課題に対しては対応できるが、過去の経験を応用して未知の課題に取り組むことができないという結論に至りました。
 
そこで、能動的学習=知識の応用という教育手法に焦点が当たり、現在のアクティブ・ラーニングを一斉導入し、全国的に推奨されるようになりました。
 
このアクティブ・ラーニングは、今まで知識の伝授を主とした授業を展開してきた義務教育の先生方にとっては、非常に難しくハードルの高い問題となっています。

反転マスタリー学習とラーニングピラミッド

 学習の方法を、効果(定着率)に応じて並べたものです。「授業を受ける」から「教える」までの、7つの段階からなり、下段にいくほど学習の定着率が高いと考えられています。 
   

 
ただ授業を聞いているだけでは、学習したことの5%しか頭に残りません。しかし、議論すると50%に、練習すると75%、他の人に教えると90%までに定着率は高まります。  
 
ピラミッドの上部は、知識の習得で従来型の学習です。 
一方、下部は、まさしく、アクティブ・ラーニング、知識の応用です。 
 

反転マスタリー講座では、動画の視聴、授業内での討論、討論の中で説明する、授業後の演習、これを繰り返すことで、学習したことを確実に知識として定着させ、応用する能力を養います。